愛知で注文住宅を建てたい方必見!おすすめのハウスメーカー・工務店を比較ランキング形式でご紹介します!

注文住宅を安く建てるためのポイント

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/17

愛知で注文住宅を建てたいけれど、できるだけ費用を抑えたいという人もいるでしょう。注文住宅は自由に設計できることが最大の魅力ですが、値段が高いというイメージを持っている人も多いかもしれません。そのため、どのようなことに気を付けたら注文住宅の値段を安くできるのか確認しておくのがおすすめです。

あらかじめ予算を決めておこう

愛知で注文住宅を安く建てたいという場合、まずは予算をきちんと決めておくことが大切です。住宅ローンの毎月の返済額なども考慮し、総額でいくらまで支払えるのか事前に決めておきましょう

先に予算を決めておかなかった場合、設備や仕様で迷っているうちに価格がどんどん上がってしまいます。業者から魅力的なオプションを勧められることもありますし、気付かないうちに予算をオーバーしてしまうこともあるでしょう。

最初の見積もりでは予算よりも100万円くらい低い金額を提示し、それよりさらに安くしたいと伝えるのがおすすめです。注文住宅を建てる時には細かい部分までこだわりたいかもしれません。しかし、こだわりすぎると時間がかかってしまうことはもちろん、価格を抑えることも難しくなります。

そのため費用をかける部分を絞り込み、費用をかけない部分もきちんと決めておきましょう。本当にこだわりたい部分は費用がかかっても良いですが、それ以外の部分は価格重視にすることがポイントです。

注文住宅を安く建てたいという場合、耐震性と耐火性、耐風性についても確認すべきです。耐震等級は3段階で表示され、等級が上がるほど耐震性能は高くなります。等級3になると等級1の1.5倍の地震に耐えられるため、安全性が高いと言えるでしょう。

不燃材料を使用している場合や構造が工夫されている場合、耐火性能が上がります。火事が心配な場合はきちんと確認しておくべきです。また、風の強い地域に家を建てる場合、強風にも耐えられる構造であるかどうかチェックしましょう。

家の形や面積に注意しよう

愛知で注文住宅を安く建てたいという場合、どのような家ならコストを抑えられるのかを知っておくことが大切です。まずは家の形を四角い箱型にするということがポイントです。外壁の凹凸をできるだけ少なくし、外壁の面積を小さくすることでコストを削減できます。

屋根についてもシンプルな形にすることがポイントです。複雑な形になると高額になってしまうため、片斜面形や単純な山形などが良いでしょう。また、総床面積が大きいとコストがかかってしまいますし、必要最小限の広さにすることも大切です。

部屋数や間仕切りを減らすと壁やドアの数も減るため、材料費や工事費を節約することができます。本格的な和室は洋室より割高になってしまうため、洋室の一部に和室風の場所を作るようにしましょう。そうすることで和室の雰囲気も楽しむことができますし、コストを削減できるのです。

キッチンやお風呂、洗面所、トイレなどの水周りは近くにまとめるのがおすすめです。そうすると配管が少なくて済みますし、コストダウンに繋がります。

また、キッチンなどの設備は建築業者ごとに安く仕入れられるルートがあります。そのため業者に確認し、その中から好みの設備を選んでいくと良いでしょう。ちなみに、最新の設備は価格が高いため、旧モデルを検討するという方法もあります。機能はやや劣るかもしれませんが、あまりこだわりがない場合は旧モデルを設置してもらうと良いでしょう。

愛知で注文住宅を安く建ててくれる業者を見つける

愛知で注文住宅を安く建てるためには、建築業者の選び方も重要となります。まずはローコスト住宅を建てている建築業者を探してみましょう。ローコスト住宅とは、一般的に広さが35坪程度で価格が1,000万円台の住宅のことを指します。安さを売りにした業者であり、家のコストを安くする方法を実践していることが多くなっています。

検索するとさまざまな業者が見つかるため、家の特徴や品質などを比較して最適な業者を見つけていきましょう。中には安くても高耐震や高耐久が特徴の家を建てている業者もあります。いくつか業者を選んだら見積もりを依頼してみるのがおすすめです。

見積もりを依頼する時にはこだわりのポイントだけでなく、コスト重視であることを伝えましょう。また、一つだけでなく複数の業者から見積もりを出してもらうことにより、同じ予算内でもより安くて品質の高い住宅を選べるようになります。モデルハウスがある場合は実際に見に行ってみてもよいでしょう。

分からないことや気になることはきちんと業者に確認し、最終的に依頼する業者を絞っていきます。業者を3つ程度に絞ったら、それぞれの業者の設計士とさらに価格を抑える方法を相談してみましょう。いくつかの業者で迷っていることを伝えれば、より丁寧に対応してもらえるようになります。

業者や設計士と相談した内容についてはトラブルを避けるため、全て書面に記載するか録音しておくのがおすすめです。さらにコストを抑えたいという場合、照明やエアコンなどは自力で調達した方が安くなることもあるので調べてみることがポイントです。

 

注文住宅を安く建てたいという場合、いくつかのポイントに気を付ける必要があります。少し手間や時間はかかりますが、追加費用が発生しないようにするだけでも費用を抑えることができます。よく考えて理想の住宅を手に入れましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知】おすすめのハウスメーカー・工務店一覧
記事一覧