愛知で注文住宅を建てたい方必見!おすすめのハウスメーカー・工務店を比較ランキング形式でご紹介します!

注文住宅で取り入れたい導線アイデア

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/21

注文住宅は自由に間取りを作成でき、導線をアレンジすることが可能です。自由に間取りを造れるので迷うこともありますが、それも家づくりの楽しみの一つといえるでしょう。注文住宅では人気の高い間取りや導線アイデアがあります。中でも開放感のあるLDKや対面式キッチン、パントリーなどは人気で、設置する人が多くなっています。

コミュニケーションがとりやすくなる開放的なLDK

注文住宅はデザインの自由度が高く、導線アイデアなどを入れ込むことが可能です。たとえば吹き抜けの間取りや間仕切りがないLDK、リビング階段など開放感を持つLDKは人気があります。

開放感のあるLDKの場合、間仕切りをなくし、オープンな間取りにすると、部屋の移動がスムーズになるでしょう。家事などを行いやすい導線を作成でき、家族のコミュニケーションを図りやすくゆっくりくつろぐ空間に仕上げることが可能です。

間仕切りがないよう開放的な空間にすると、ドアを開け閉めしなくてもLDKを移動できるので、生活導線においてよい間取りといえます。しかし間仕切りがないLDKの場合、開放的になりますが取り方によってLDKの境界線があいまいになり、居心地が悪くなるかもしれません。

LDKを開放的な空間にするには、建物の形をL字にしてリビングとダイニングキッチンを分けることが可能です。広く開放的になっている縦の空間にリビングを持ってくることや、横の空間にダイニングキッチンを持ってくると開放感を損なわず、食べる空間とくつろぎのための空間を分けられます。

中庭を作ると庭を眺めながら食事ができ、くつろぎのLDKにすることが可能です。建物の形をL字にして縦と横で仕切る方法は、平屋に有効的ですが2階建住宅でも同じような効果を期待できます。愛知の業者に相談するとさまざまな導線アイデアについてアドバイスを受けることができるので、理想的な空間に仕上げることが可能です。

近年人気が高まっているパントリー

リビングとダイニングキッチンで天井の高さを変えると、開放感を維持しながら空間にリズムを付けることが可能です。たとえばリビングの天井高を取って、ダイニングキッチンの天井高を低くするとよいでしょう。

リビングでは開放感を維持しながら、ダイニングキッチンの天井高を抑えるので視線が横に広がり食事に集中できるスペースを確保することが可能です。空間に落ち着きができるようになるので、会話を楽しめるといったメリットもあります。

近年パントリーの人気は高く、使い勝手のよいキッチンに隣接した所にパントリーを設置すると、生きた導線を確保できます。導線アイデアとして、勝手口を設けてパントリーの半分を土間にすると便利です。パントリーを勝手口に設置し半分くらい土足でも入れるようにすると、買い物から家に帰ってきた際土足のままでも利用できます。ゴミを土間においておくとゴミ出しする際導線がスムーズです。

出入り口をいくつか用意すると便利で、さらに使い勝手のよいパントリーになるでしょう。玄関横にウォークスルータイプのクローゼットを設けると、そのままパントリーに抜ける導線を確保できます。パントリーからキッチンにつながるような導線にすると、毎日の動きがスムーズです。土間仕様にすると玄関からパントリーまで土足でも移動でき、便利な導線になります。

家事導線を意識した間取りにすると便利

対面式キッチンも人気があり開放的な間取りにできますが、匂いの問題や収納スペースを検討する必要があるでしょう。設計段階において検討しておかないと、後で使い勝手の悪いものになり後悔する可能性があるので注意が必要です。

対面式キッチンでは収納スペースは少なくなる傾向が多く、収納量などに問題が生じるかもしれません。キッチンの見え方に考慮しなければならずレイアウトによって、手元が丸見えになったりリビングやダイニングなどから調味料が見えてしまったり雑多な印象になりがちです。これらを解消するにはパントリーを作ると便利で、小物をはじめキッチン用品をまとめて収納できます。

対面式キッチンにおいてとくにアイランドキッチンはスタイリッシュで人気が高いです。オープンなデザインになっているので収納量が減り、収納スペースを確保しなければいけません。

開放的にし過ぎると匂いや音などがリビングに伝わりやすくなるので注意が必要です。大きめの排気ダクトを用意するなどの工夫も必要になるでしょう。愛知の業者に相談してみると、匂いや音などにも配慮したアイテムを設置でき、毎日の家事を快適にできます。

注文住宅の場合、家事導線を考慮したデザインにすることも大切です。とくにキッチンの使い勝手を考えた導線が大切で、意識することによってキッチンでの無駄な動きを少なくでき、作業効率のよいものにできます。水回りの設備などをまとめるなど導線アイデアを活かしたデザインにすると、同時進行で家事を行うことが可能です。

 

注文住宅は間取りをアレンジでき、愛知の業者に相談すると人気の高いデザインにできます。開放的にし過ぎることなく、適度なスペースを確保できるようバランスを考えながら業者と相談することが可能です。導線アイデアをうまく取り入れ使い勝手のよい間取りにするため、家事導線について吟味することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知】おすすめのハウスメーカー・工務店一覧
記事一覧