愛知で注文住宅を建てたい方必見!おすすめのハウスメーカー・工務店を比較ランキング形式でご紹介します!

注文住宅の間取り作成で知っておきたい知識

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/17

注文住宅の間取りを決めるのは楽しいですが大変な作業です。生活を左右するので失敗したくないものですが、家族が多いとその分いろいろな意見が出てアドバイスされることも多いでしょう。

注文住宅を購入する際いくつかポイントがあり、水回りや窓の配置、家の動線計画など事前に把握しておくと業者との打ち合わせもスムーズになります。

生活動線を意識したデザインにしよう

注文住宅を購入する際、水回りの間取りは注意が必要です。たとえば排水音の問題に注意すべきで、トイレと寝室が近いと音が気になったり、1階和室の上がトイレだと音が響くかもしれません。水回りは基本的に一か所に配置するのが良く、配管設備などが集中するのでメンテナンスもしやすくなります。

家事は水回りでの作業が多くなるので、効率が上がり時間短縮するなどいろいろなメリットがあるでしょう。生活動線を考慮してから間取りに反映すると、使い勝手の良いものになりやすいです。

また、収納スペースにも注意が必要とよくいわれますが、収納スペースはどこに何を収納するのかが大事です。アイテムを使用頻度ごとに仕分けして、毎日使うものはリビングの近くに置いたり、使用頻度が低いアイテムは屋根裏にしまうといった工夫が必要になります。

吹き抜けは部屋が明るく見えるメリットがありますが、暖房効率が悪いので冬が寒くなるでしょう。ダウンライトが上の方にあると夜は薄暗くなるかもしれません。本当に必要なものかどうか事前に検討することをおすすめします。

ほかにも、コンセントは数が少ないと後悔する人も多いため、生活動線に応じて多めに取り付ける方が良いでしょう。おしゃれな間取りも手入れがしにくいタイプがあるので要注意です。愛知の業者に相談すると、デザイン性はもちろん住みやすさも考慮してくれるので住み心地の良い家を実現することが可能です。

生活動線や通勤動線などを考慮しよう

注文住宅は窓の配置が重要で、室内に新鮮な空気を取り込むようにします。1つの部屋に2つの窓が基本になっていて、配置は南と北や東と西のように配置していきます。こうすると外から入ってきた風が反対の窓から抜けるので通り道を作ることが可能です。配置する方角について、南の窓を大きくし北の窓を上部に取ると、良い風が通ると言われています。

南に窓が取れないなら東と西でも大丈夫です。風の吹き方はエリアによって差があるので、立地条件などに合わせて決めましょう。また、窓を配置するのが難しいなら天窓を作る方法もあり、部屋から入った空気を天窓から抜けるように通風することが可能です。

間取りを決めるには動線計画は不可欠で、特に家事動線は重要になります。炊事や洗濯、育児を組み合わせると移動しやすいデザインになるでしょう。ほかにも通勤動線や衛生動線、来客動線にも工夫することが重要です。

通勤動線は通勤や通学の前の朝の動線のことで、顔を洗いトイレに行き食事するなど、同じ空間において複数の人がいても渋滞しないような動線が必要です。衛生動線は水回りのことで、特にトイレの配置が重要となってきます。キッチンやリビングの近くにあると衛生面や音が気になるので、家族全員が行きやすく不快にならないような動線にしておく必要があるでしょう。

来客動線はお客が来た時プライベート空間を見せないようにするもので、玄関からリビング、トイレや浴室とぶつからないのもポイントです。愛知の業者に依頼すると、さまざまな動線に配慮したデザインについてアドバイスを受けることができます。

収納スペースは大きめにとると便利

家の収納も同時に検討するのが良く、適切な収納スペースは家庭によって異なります。今住んでいる自宅の収納スペースがいくつあって、どのくらい荷物の量があるのか事前に把握しなければいけません。荷物は年数とともに増えていく傾向があるので、今の荷物量にプラスしたスペースを考慮することをおすすめします。

たとえばキッチンではパントリーを設置する、食料品や家電などをまとめて保管することができるスペースがあると便利です。収納を作る余裕がないなら、広い空間に間仕切りを立ててみる、死角を収納にするという方法もあるでしょう。おもちゃを片付けるのにおすすめで、収納があると部屋をすっきり見せることができます。

間取りを考える際に大切なポイントとして、家族の意見をまとめておくことがあげられます。さまざまな希望があるので、取りまとめて意見を合わせることが第一歩です。このとき、暮らしやすさのため動線計画は重要で、家族がどんな動きをするのか考慮しましょう。

快適な家にするには窓の配置も重要で、通風や採光を良くするため部屋には対角線になる窓を設置することをおすすめします。大事なのがコンセントの数や配置で、コンセントが足りないとタコ足配線をすることになるので、コードを継ぎ足して利用すると転倒などの原因になります。細やかなことも愛知の業者に相談すると、デザイン性はもちろん住みやすさも兼ねた住まいを手にすることが可能です。

 

家を建てる際は、玄関と階段などの配置を考えてみたり、水回りや収納スペースにも工夫が必要です。間取りを決める際注意したいポイントは多く、住みよさに大きな違いが生じるでしょう。妥協することなく納得がいく家を建てたい場合は、注文住宅の専門家に相談すると失敗を避けることができます。愛知には多くの注文住宅業者があるので、自分の理想に合った業者を探してみると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知】おすすめのハウスメーカー・工務店一覧