愛知で注文住宅を建てたい方必見!おすすめのハウスメーカー・工務店を比較ランキング形式でご紹介します!

注文住宅で住宅ローンの申し込みはできる?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/17

不動産購入の際、地価は大切な指標のひとつです。愛知をはじめ人口が多い地域はおおむね堅調に推移しており、購入時期や場所などさまざまな条件について比較考量することが大切です。地価は建売住宅の購入においても重要ですが、とりわけ注文住宅では、住宅ローンとの兼ね合いでさらに大きな意味を持ちます。注意すべき点を見ていきましょう。

マンションや建売住宅と異なる注文住宅の資金計画

不動産を購入する際は、ローンを組むことが多いでしょう。月々の収入などを加味しながら計画を立てることが重要です。この点は、マンションや建売と注文住宅に違いはありません。しかし、注文住宅を建てるときにはまず土地を取得する必要があり、この点が土地と一体となったマンションや建売と大きく異なります。

つまり土地購入代金を前もって準備する必要があるのです。長期資金計画で土地代を貯蓄しておき、夢の注文住宅を購入できれば理想的でしょう。ただ貯蓄を長期計画で行うことは、予期しない生活上の変化も起こり得ますので、現実的ではありません。そんなとき便利なのが、つなぎ融資です。

住宅ローンは、住宅が完成し引き渡されて初めて承認されますので、資金繰りをつなぐ意味で、そう呼ばれます。注文住宅購入までの間に、土地の手付金や土地の契約費用あるいは建築請負契約などの諸費用が必要です。これら諸費用をつなぎ融資により支払うことで、現金を準備しなくても注文住宅購入が実現できます。

ただつなぎ融資について注意すべき点として、無担保ではあるものの金利が若干高いことがあげられます。契約でみれば、つなぎ融資と住宅ローンは別々ではあるものの、ローンの審査が通った段階でつなぎ融資は完済されるため、一体的に考えても良いでしょう。場合によっては、つなぎ融資を行っていない金融機関もあるので利用する予定のときは、事前に調査することが大切です。

つなぎ融資と住宅ローンの関連性と注意すべき点

注文住宅を建てる際には、不動産会社や工務店などと建築プランを立て、請負契約を締結します。そのときに土地の選定も含めて当然計画するはずですから、土地購入代金や建築工事等にあてるつなぎ融資を申し込みます。

住宅ローンとの関連で見た場合、つなぎ融資は住宅が完成し引き渡されるまでに必要な資金です。したがって、一般的に住宅ローンの申し込みと同時に行います。住宅ローンの審査が承認された段階で、ローンによってつなぎ融資は完済される仕組みです。つまり住宅引き渡し後住宅ローンで補填すべき費用は、つなぎ融資で補えきれなかった建物に関するものです。

住宅ローンとつなぎ融資の関係はこのようになりますが、注意すべき点がいくつかあります。まず、つなぎ融資は住宅購入資金の一部には違いありませんが、住宅ローン控除の対象になりません。その点建売の場合は、土地と建物一体として購入し、住宅ローンを組むため控除対象となるのと異なります。

またローンは建物の完成および引き渡しによって初めて承認されるため、完成が何らかの事情で遅れると、残念ながらつなぎ融資が完済できず支払い利息が増えるでしょう。予期しない事情の変更にも対応できるよう、柔軟な資金計画を立てておくことが大切です。

ちなみに愛知では、つなぎ融資の代わりに住宅ローンとして一本化したサービスを提供する金融機関もあるので、調べてみるとよいでしょう。

注文住宅の相場および諸経費を知る

建売やマンションと注文住宅の購入手順の違いが、住宅ローンが承認されるタイミングにも影響を及ぼします。では費用を総合的に見た場合、どのような項目があるのか理解しておきましょう。

細かい項目を列挙していくとかえって分かりにくくなるため、建物完成までの流れで見ていきます。まず注文住宅は土地を購入しなければなりません。そのため土地購入費用および不動産会社などの紹介を利用すると、その紹介料を考慮します。資金を準備するため融資を利用する場合、支払い利息に加え印紙代など諸経費も発生します。

その後、建築請負契約に基づく着工金や中間金、あるいは建物が完成したことによる登記費用などが、融資から充当されるものの必要となってきます。またローンを組むこと自体に手数料や保証料が見込まれますし、火災保険や地震保険といったものもあります。当然これらに加えて、新築の建物代金が上乗せされるので、予算計画は慎重に行うことが大切です。

注文住宅の相場は2千万から3千万円代が最も多く、これら金額は工務店や不動産会社などとの交渉次第で変わることがあります。交渉がうまく運べば、意思の食い違いがなく価格について希望が実現できるでしょう。

愛知など人口が多い地域の場合、地価がそもそも高い傾向にあるため、他の地域と同等の建物を注文してもトータルの価格は高くなります。予算が気になるときは、場所に関し希望の範囲を広げるか、建物について間取りや外観または装飾を抑えるなどで理想に近づけることが可能です。

 

建売やマンションなどに限らず、注文住宅の購入でも住宅ローンの申し込みは可能です。ただし、土地購入を最初に行わねばならず、若干手順が異なる点は注意が必要です。注文住宅の相場は愛知など人口が多い地域は地価の影響をうけますので、資金計画はいっそう慎重に行いましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知】おすすめのハウスメーカー・工務店一覧
記事一覧