愛知で注文住宅を建てたい方必見!おすすめのハウスメーカー・工務店を比較ランキング形式でご紹介します!

気になる注文住宅でよくあるトラブル

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/17

愛知で注文住宅を建てたいという人も多いでしょう。しかし、注文住宅にはイメージと違っていたというものや手抜き工事などのトラブルが起こってしまうこともあります。せっかく高いお金を払って家を建ててもらうわけですし、失敗は避けたいものでしょう。そこで事前に防ぐための方法などを知っておくことが大切です。

愛知の注文住宅でよくあるトラブルについて

愛知の注文住宅でよくあるトラブルとしてはまず、建築中に近隣からのクレームが入ってしまうというものが挙げられます。主に施工中の騒音やごみ、ホコリといったものを気にする人が多いです。近隣住宅からのクレームは施工業者の責任ですが、今後の近所付き合いを考えるためにも回避しておいた方が無難です。

予定よりも工事が遅れてしまうというトラブルも多いです。工事の遅れは施工業者に問題があることが多いですが、着工後に施主から変更指示が多いと遅れにつながります。また、悪天候が続いた場合や災害が発生した場合も遅延につながることを覚えておきましょう。

注文住宅は完成してからイメージと違うといったトラブルが起こることもあります。家を建てる時には施主との打ち合わせを元に、施工業者が設計書を作成します。しかし、施主と施工業者のイメージに誤差が生じた場合、イメージと違った住宅が完成してしまうのです。希望や要望を正確に伝えるのは難しいですし、内装の細かい部分までしっかりイメージできていない場合もあるため、完成後に違和感を覚えるということです。

施工後にミスが発覚したり設備の不具合によって住みにくいと感じたりするトラブルもあります。また、床に傷がある、外装が剥がれているなど細かい部分で手抜き作業が見られることもあるかもしれません。手抜き作業を防ぐためには時々建築現場を見に行くことが大切です。

愛知の注文住宅のトラブルを避けるために

愛知の注文住宅でトラブルを避けたいという場合、いくつかのポイントがあります。注文住宅を購入する際時には必ず、施主と施工業者で必ず打ち合わせが行われます。打ち合わせ時には図面や書面の確認をきちんと行うことはもちろん、打ち合わせ後も自宅などで確認することが大切です。自宅で確認することにより、見落としを防ぐことにつながるでしょう。

見方がわからない場合や気になることがある場合、設計士に質問することが大切です。注文住宅の仕様は設計図と仕様書にすべて記載されています。設計図とは住宅の外観や間取りなどが書かれた書類であり、仕様書には建材や製品、施工方法といった情報が記載されています。設計図や仕様書を見てもすぐには内容が理解できないこともあるでしょう。しかし、きちんと確認しないと失敗につながってしまいます

担当者との相性も重要なポイントです。よい住宅会社を見つけられても担当者と気が合わなかった場合、些細なミスが起こりやすかったり、取り返しのつかないトラブルに発展したりといった可能性もあるのです。そのため「合わない」と感じたら担当者を変えてもらうとよいでしょう。

また、工事が始まったらすべて施工業者に任せてしまうのは失敗の原因です。工事中に現場に見学に行き、現場の状況を確認しておくことが大切です。住宅は多くの人の連携作業によって作られるため、連絡ミスなどが起こってしまうこともあるのです。情報が上手く伝わらなかった場合、希望する住宅と違うものができてしまうこともあるでしょう。現場見学は基礎の配筋施工時や壁断熱材施工時、完成時の3回程度行うのがおすすめです。

愛知の注文住宅でトラブルが起きた場合の対処法

愛知の注文住宅で実際にトラブルが起こった場合、その対処法をきちんと確認しておきましょう。避けようとしても発生してしまうことはありますが、対処法を知っておけば落ち着いて対処できます。

まずは近隣住宅から騒音などのクレームがあった場合、施工業者に対応をしてもらうのがおすすめです。クレームの内容に合わせて必要な対応をしてもらうべきです。

そして、対応が済んだら施主と施工業者でお詫びに行きます。お詫びの気持ちを伝え、工事完了まで協力してもらうように頼んでみましょう。今後も近隣住民とは付き合いが続くことになるため、しっかり対応することが大切です。

工期が遅れてしまった場合、まずは延期後の完成時期と引渡し日を明確にしてもらうのがおすすめです。建築会社の責任で遅れてしまった場合、状況に応じて補償してもらえることもあります。その際の手続きは会社によって異なるため、きちんと確認しておきましょう。

実際に完成した家がイメージと違っている場合、契約違反になることがあります。工事途中で変更を依頼した場合は問題ありませんが、勝手に変更された場合は売り主の責任となります。まずは契約書を確認し、図面と相違する場合の対応をチェックしてみましょう。対応についての記載がない場合は法律の専門家に相談してみるのがおすすめです。

施工ミスや手抜き工事があった場合も同様に、契約書を確認してみるべきです。もし何も書かれていなければ、法律の専門家に相談することが大切です。

 

注文住宅はさまざまなトラブルが起こりやすいといわれています。建築中にトラブルが発生してしまった場合、対処法をきちんと確認しておきましょう。また、未然に防ぐための方法についても意識しておくことが大切です。そうすることで理想のマイホームを手に入れることにつながります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知】おすすめのハウスメーカー・工務店一覧